ちょっと待って!切手はバラ品よりもシート単位の方が高く売れます

切手を売りたい人必見!

郵便局で切手を購入する場合、シート状になっているものを必要枚数だけを切り離して販売してくれます。
シートから切り離されたものはバラ品として切手の買取りをして貰う事が出来るのですが、もし、シートで所有している場合には、シートから切り離して売るのではなく、そのままの状態で査定を受ける方が高く売れます。
切手の多くは切り離しやすくするためのミシン目が付いているのですが、このミシン目は切り離すと目打ちと呼ばれているギザギザの状態になります。
目打ちは切手の価値を表す一つでもあり、目打ちが傷んでしまう時っての価値は下がる事になります。
しかし、シートに収められている場合にはミシン目があるので目打ちなどに関係なく売ることが出来る、高価買取りをして貰えますよ。

小型シートもそのままで

記念切手の中には小型シートになっているものがあります。
小型シートも通常のシートと同じく切り離さずにそのまま専門店に持って行く事で高く買取りして貰うことが出来ます。
小型シートには数枚の記念切手が収められていると同時に、余白部分に記念を表す文字やマークなどが印刷されており、切手だけはなく印刷されている部分も価値があります。
しかし、小型シートから切り離してしまうと、印刷されている部分が無くなりますし、バラ品の切手としての価値に下がってしまう事になります。
小型シートの中には表紙が付いているものもあり、切手買取りの場合には表紙を含めた状態で査定をして貰えるため、表紙付きの小型シートなどはそのままの状態でお店に持ち込むようにしましょう。

© Copyright Stamp Company. All Rights Reserved.